トラブル回避のために|避妊をおこなう際にとても便利なのがアフターピルです!

トラブル回避のために

シートに入っている薬

とても便利なアフターピルですが、服用時にはいくつか注意点があります。
あとから困ることがないように、ここでしっかり勉強しておきましょう。

まずアフターピルの服用において一番注意しなければいけないのは「消退出血」です。
実際にアフターピルを服用して、早い人なら3日間ほどで出血が起こったりします。ちなみに遅くても2週間前後で発生してしまいます。
そして排卵期が影響して月に2回も生理が来てしまう人もいたりします。

そのため、アフターピルを使う際には必ず「生理が起こる予定日」まで待っておいてください。
出血がそれまでに起こらない場合だったり、起こったとしてもその出血量が少ないときは産婦人科まで行くべきでしょう。

そしてもうひとつ注意してほしいのが「SEX」です。
アフターピルを飲んでからSEXをすることは必ず避けるようにしてください。
短時間による服用はできませんので、たとえばアフターピルを飲んだあとにSEXをしても、またすぐに飲めるわけではないのです。

あと最後に、すでに妊娠している人がアフターピルを飲んでも「効果はない」ということ。
妊娠してしまったと分かったときにアフターピルを飲んでもそれはまったく意味がありません。
アフターピルはあくまでもまだ妊娠していない時に効果を発揮してくれる薬なので、妊娠している状態でアフターピルを服用してはいけません。

あとは人によっては副作用が生じる可能性もあるので、心配な人は必ず医師と相談してからアフターピルを使うようにしましょう。