2つの種類が存在する|避妊をおこなう際にとても便利なのがアフターピルです!

2つの種類が存在する

手のひらの薬

アフターピルは普通の低用量ピルとは違い「緊急避妊薬」として有名な薬です。
そのためSEXのあとに飲んでも効果的なので、万が一のことがあってもこれで妊娠を予防することができます。
ただし、アフターピルを使う場合は「72時間以内」に服用することがとても重要です。
つまりそれよりも時間が経ってしまうと、精子の受精リスクが高くなってしまいます。
そうなるとアフターピルを飲んでも効果が見られない可能性があるので、必ずこのタイムリミットは守ってください。

また、アフターピルには「プラノバール錠」と「ノルレボ錠」の2種類があり、このふたつは用法が違います。
プラノバール錠は1回で2錠服用します。12時間あけて、同じように服用しなければなりません。
寝てしまって服用し忘れることを避けるため、自分がきちんと服用できる時間をあらかじめ計算してから服用する必要があります。
一方ノルレボ錠は、1日1回2錠を服用するだけでOKです。そのため、ノルレボ錠の方が気軽に服用できるでしょう。

ちなみに、プラノバール錠の方は値段が安い代わりに副作用が起こる可能性が高いと言われています。
また上記のように定期的に飲んでいくことが大事なので、場合によっては飲み忘れが起こるときもあるでしょう。
逆にノルレボ錠は副作用もほとんどなく、1回飲めばそれでいいのでとても楽に服用できますが、価格は高めです。
あなたが何を重視するのかによって、選ぶアフターピルの種類も変わってくるでしょう。